社会

女性専用車両は痴漢対策として効果がない!? 女性専用車両はホントに必要?

おじぞうさん
おじぞうさん
今回は女性専用車両は痴漢対策として効果的なのか? についてお話していきます。
おだんごくん
おだんごくん
さっそくいってみよー!

女性専用車両が設けられた理由

まず、女性専用車両が設定されている理由ですが、JR西日本によりますと、

車内における迷惑行為防止の観点から、安心してご利用いただける環境を提供するために設定しています。

出典:女性専用車両:JRおでかけネット

とのことです。

迷惑行為とはほぼ痴漢のことを指しているのでしょう。

痴漢被害は深刻ですから、その対策として女性専用車両が設定されていることは、確かに納得できますね。

おだんごくん
おだんごくん
痴漢被害についてもっとくわしく話してる記事があるから、よかったら見てみて!
男性にも伝えたい痴漢被害の実態!本当の被害数は?触られているだけ? 男性にも伝えたい痴漢被害の実態 みなさんは「痴漢被害」の実態をご存じですか? 特に男性のみなさんは意識的になってみなければ...

痴漢対策に効果的?

女性専用車両が一般的に広まりだしたのが、だいたい2000年以降と言われています。ですが未だ痴漢被害は深刻です。

その当時の痴漢件数のデータが見つからなかったので、女性専用車両は痴漢対策として効果的なのかどうか判断することが難しいのですが、気になるデータを見つけました。

ただし、前述の地下鉄車両内の女性に対する痴漢申出件数の推移からみて、女性専用車両が一般的な痴漢行為の減少につながる痴漢予防対策と解することもできない。すでに、名古屋市交通局も、女性専用車両のみでは、一般的な痴漢予防対策として十分な効果を発揮できないと考えており、地下鉄利用者のマナー向上のための取り組みの一環として、痴漢防止・警告のスポット放送、ポスター掲示等の啓蒙啓発活動を実施しているところであるる。

出典:名古屋市:報告書(10)女性専用車両に関する件(市政情報)

と、”女性専用車両を設けても一般的な痴漢への対策として十分ではない”という報告もあるようです。

もちろん、女性専用車両を設置してから痴漢被害が減少したという報告も見つかります。

このことから、痴漢対策として全く効果が無いとは言えないかもしれませんが、かといって十分ともいえない、なんとも煮え切らないところです。

おだんごくん
おだんごくん
「痴漢対策に効果があるよ!」とは言えない感じなんだね。

痴漢対策としては微妙

女性専用車両を設置してから、被害数自体は減少しているかもしれません。

ですが冷静に考えると、時間帯や設置してある車両などにより、全ての女性が専用車両を利用しているというわけではないですし、原因である痴漢自体の数が減っているわけでありません。

女性専用車両内での痴漢は起こらないでしょうが、その代わり、一般車両を利用している方が被害に遭うことになるのではないでしょうか?

女性専用車両で痴漢被害を回避できた方も、もちろんいらっしゃると思います。ですが、原因である痴漢自体をなんとかしなくては根本的な解決にはなりません。

おだんごくん
おだんごくん
”根っこまで抜かないと解決しない” 草むしりと同じ・・・!

痴漢自体の数が減るわけではない「女性専用車両」は根本的な解決になりません。痴漢対策としては”微妙”と言わざるを得ないでしょう。

女性専用車両は痴漢被害を軽視した結果?

女性専用車両は痴漢対策として設置されていると言いましたが、個人的には「痴漢被害を軽視した結果、女性専用車両が設置された」と感じています。

というもの、”女性専用車両が一般化した”と言われている現在でも、一部路線のみの実施や、ダイヤの乱れがあれば解除する場合があるなど、痴漢被害を深刻視しているとは思えないからです。

先ほども言いましたが、電車内での痴漢被害が少なくなったところで、原因である痴漢自体が減る訳ではありません。

そのぶん、女性専用車両を利用していない方、電車以外の人が多く犯行がやりやすい場所などで、痴漢被害起きているだけではないのでしょうか。

現在の女性専用車両は、痴漢被害を重く受け止めて、痴漢の数を減らそうという目的ではなく、”電車内での痴漢被害を減らす”という目的で設置されていると個人的には感じてしまいます。

痴漢被害を重く受け止めていれば、もっとできる対策があるのでは? とも思ってしまいます。

おだんごくん
おだんごくん
でも、すごく深刻に思ってるけど、いろいろ問題があって「なかなか思うように実現できてない」ってこともあるかもしれないよね。

女性専用車両の今後

本来の痴漢対策としての効果を疑問視する声や、「女性専用車両によって他の車両がより混雑しやすくなる」、「男女差別になっている」など、女性専用車両に対する不満の声もよく耳に入ってきます。

今後、痴漢の厳罰化監視カメラの設置満員電車の改善など、痴漢対策としてより効果的なものが実現するかもしれません。

どちらにしても、痴漢被害は未だ深刻ですから、対策が現状の女性専用車両だけでは被害はまだまだ起きてしまうでしょう。

効果的な対策が実現することを祈るばかりです。

おだんごくん
おだんごくん
被害がなくなるような対策が実現するといいね!

まとめ

~要点まとめ~

・女性専用車両は場所によって、痴漢被害に対して効果にばらつきがある。対策として十分とは言い切れず、痴漢自体の数が減るわけではない「女性専用車両」は痴漢被害の根本的な解決にはならない。痴漢対策としては”微妙”と言わざるを得ない。

・現在の女性専用車両は、痴漢被害を重く受け止めて、痴漢の数を減らそうという目的ではなく、”ただ電車内での痴漢被害を減らす”という目的で設置されていると感じてしまう。

・痴漢被害を重く受け止めていれば、痴漢の厳罰化監視カメラの設置満員電車の改善など、もっと効果的な対策があると思うが、”言うは易く行うは難し”で実現は困難なのかもしれない。

おじぞうさん
おじぞうさん
記事を読む前と後、少しでもこの問題について受け取り方が変わっていれば幸いです。
おだんごくん
おだんごくん
ここまでよんでくれありがとう! またね!!