団子と地蔵とななちかと。
様々な問題について、紹介したり意見を述べたりする「問題のまとめブログ」
社会問題

女性専用車両だけ設置されている理由は何? なぜ「男性専用車両」は実現しないのか

おじぞうさん
おじぞうさん
今回のテーマは「男性専用車両が実現する可能性はあるのか?」についてです。
おだんごくん
おだんごくん
さっそくいってみよー!

なぜ「男性専用車両」はないのか?

男性の皆さん、「なぜ女性専用車両はあるのに男性専用車両はないのか?」疑問に思うことはありませんか?

満員電車で女性専用車両だけ空いているのを見ると「なんだかなぁ」と思ってしまうこともしばしば。

最近では、「痴漢えん罪被害」や「痴漢でっち上げ被害」も無視できないほどですから、対策としての「男性専用車両」もぜひ欲しいところです。

まずは、「なぜ女性専用車両ができたのか?」というところから切り込んでいきましょう。

女性専用車両ができた理由

まず、女性専用車両が設定されている理由ですが、JR西日本によりますと

車内における迷惑行為防止の観点から、安心してご利用いただける環境を提供するために設定しています。

出典:女性専用車両:JRおでかけネット

とのことです。

迷惑行為とは痴漢も含まれているのでしょう。痴漢被害は深刻ですから、その対策として女性専用車両が設定されていることは、確かに納得できますね。

おだんごくん
おだんごくん
専用の車両ができるくらい被害が多かった、ってことなんだね。

「痴漢被害」だけでなく「痴漢えん罪被害」も深刻な状況

女性専用車両とは痴漢被害が深刻で、その対策として設けられています。

ですが、深刻なものは痴漢被害だけではありません。同様に「痴漢えん罪被害」も深刻です。

インターネット上での事例を見る限り「ことが起こってしまったら、警察では嘘の自白をもとめられ、やっていないといっても、話を聞いてくれない」というような体験談が目に付きます。

また裁判になっても、やっていないことを証明することが難しかったり、えん罪という証拠があるにもかかわらず、被害者の証言が優先されたりなど、一度容疑がかかってしまうと覆すのが困難で、えん罪だと証明することが非常に難しいのが現状です。

さらに、示談金などを目的に痴漢されたと嘘をつく「痴漢でっち上げ」というものあり、計画的に練られていれば避けようがありません。

えん罪被害を受けてしまったら、お金や時間、仕事、信頼など、生活に直接影響するものを多く失ってしまいます。

痴漢被害同様に人生が狂い兼ねない程の被害が実際に起きています。

おじぞうさん
おじぞうさん
えん罪被害も深刻ですから、何かしらの対策が欲しいですね。
おだんごくん
おだんごくん
「えん罪被害」についての記事があるから、よかったら見てみて!
女性にも伝えたい「痴漢えん罪被害」の実態! 疑われたら回避できない!? 女性にも伝えたい「痴漢えん罪」被害の実態 みなさんは「痴漢えん罪」の被害状況はどの程度だと思いますか? 特に女性の方...

男性専用車両も望まれている!

上記の通り、えん罪被害は深刻で、電車に乗るたびに不安になる方もいるのではないでしょうか?

また、「ヘルプコール付き弁護士費用保険」という、痴漢えん罪を回避するための保険もあるくらいですから、それほどに需要があり、被害の深刻さが現れています。

「男性差別だ!」という感情からではなく、単純に「えん罪被害を受けないようにしたい」という思いから、男性専用車両を望んでいる人も多いのではないでしょうか?

ですから、痴漢対策としての「女性専用車両」と同じく、えん罪・でっち上げ対策としての「男性専用車両」を求めることは、至極当然なことです。

おじぞうさん
おじぞうさん
女性専用車両も、痴漢被害の深刻さを主張したからこそ実現しました。”声を上げる”ことは重要です。

男性専用車両が実現する日はくるのか?

最近では、女性専用車両は「差別」として写っているなど、何かと注目されていますから、声を上げて活動していけば男性専用車両が実現する日が来るかもしれません。

ですが、女性専用車両もまだまだ普及していなく、一部の時間だけ実施されていたり、列車ダイヤが乱れたら中止されることがあるなど、痴漢対策として効果があるのか微妙なところです。

女性専用車両の現状を見る限り、仮に男性専用車両が実現したとしても、えん罪対策としての効果は期待している程ではないかもしれません。

ですが、痴漢対策としての「女性専用車両」があるのならば、えん罪対策としての「男性専用車両」が実現してもおかしくありません。

おだんごくん
おだんごくん
”対策”っていう理由も同じだし、男性専用車両ができてもおかしくないよね!
おじぞうさん
おじぞうさん
「えん罪被害も深刻」と声を上げることで、男性専用車両よりも効果的な対策が実現することも、十分考えられますね。

まとめ

・痴漢被害同様、えん罪被害やでっち上げ被害は、専用の保険もあるほど深刻で、男性にとっては大きな問題になっている。痴漢対策としての「女性専用車両」と同じく、えん罪・でっち上げ対策としての「男性専用車両」も求められている。

・男性専用車両が実現しても効果は期待していた程ではないかもしれないが、痴漢対策としての「女性専用車両」があるのならば、えん罪対策としての「男性専用車両」が実現してもおかしくはない。

「えん罪被害は深刻」と声を上げて活動していけば、男性専用車両よりも効果的な対策が実現することも、十分考えられる。

おじぞうさん
おじぞうさん
この記事を読んで、何か一つでも得たものがあれば幸いです。
おだんごくん
おだんごくん
ここまでよんでくれありがとう! またね!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA